RECRUIT BLOG

2024.07.06

研修、配属店舗にて学んだこと

【研修、配属店舗を通して学んだこと】

皆様、いつもリクルートブログをご覧いただきありがとうございます。

JUNO 天神本店にて配属になりました新入社員の麻生優香(写真右)と申します。

このお写真は、私の大好きな同期です!

 

2024年にDress the Lifeへ入社し、2ヵ月がたちました。

本日は、タイトルにあるように研修、配属店舗にて学んだことをお伝えします。

研修では、部署説明、4つのブランド(JUNO、Fiore Bianca、Authentique 、THE TREAT DRESSING )のコンセプト、モーニング(お父様にご案内する衣装)について学びました。

部署説明では、多くの方々の支えがあるからこそ、お互いを補っていると実感をしました。

4つのブランドを掲げている会社であるため、他にはない無限の可能性を秘めています。

モーニングでは、1つずつの商品に対しての説明、知識をインプットし、アウトプットをするロールプレイング、袖丈、パンツの丈、シャツのサイズの見方を学びました。

2週間の研修を終え、いよいよ店舗配属になりました。

天神本店ということもあり、お店の広さ、取り扱っているドレスの数の多さに驚きました。また、実践として、列席衣装(モーニング、留袖)、タキシードのお打ち合わせ方法を学びました。

 

こちらのお写真は天神本店のみなさまです。

実際に、お父様やお母様のお打ち合わせに入らせていただいております。お客様のお打ち合わせをする前にC Sチェックを行います。Dress the Life では、CSチェックを必ず行います。CSチェックには、チェック項目があり、合格点以上だと、お客様の前に立ち、お打ち合わせができるというテストです。そのテストに合格をしないと、お打ち合わせが出来ないため、何回もロールプレイングを行いました。

先日は、タキシードのC Sチェックをし、無事に合格をすることができました。列席のCSチェックでは、合格出来ましたが、自分が思うように納得できなかったため、涙を流していました。『よく出来ている』、『流れが掴めているから大丈夫』というようにお姉さんの方々に言っていただきましたが、なかなか自分を認めることが出来なかったため、悔しい思いをした日もありました。

タキシードのCSチェックは、列席衣装と異なり、タキシードの種類が多いため、それぞれの基本知識、見え方を身につけ、不器用ながらも、新郎様の前に立ち、お打ち合わせを行っております。

店舗に配属をすることで、分からないことが分からなく、自分を見失っていました。そこで、支えになったのは、上記のお写真のお2人、一緒に配属になった川内さんに常に支えてくれました。

下記のお写真は、配属店舗が同じになりました川内さんです。

 

また、お姉さんの方々、PDの方々にも助けていただき、本当に感謝しています。落ち込んだとき、右も左も分からない状態で何をすればいいのかが分からないときには、「人に頼る」ことを知りました。今までは、1人で我慢をし、物事を終えていましたが、人に頼ることは決して悪くはないと教えていただきました。これから途方に暮れた際には、その場で立ち止まり、誰かに話すことで、落ち着いて物事を進められることも出来るため、誰かに頼ることを忘れないでください。

これからは、花嫁CSに向け、まずは合格出来るために、6月中旬からの約3週間の研修でしっかりとロープレを行います。そして、研修を終え、店舗に戻った際には、しっかりとアウトプット出来るよう、心がけて行動に移します。

ドレスショップ見学会のご案内
定休日を利用し、どなたでもご参加いただけるドレスショップ見学会を実施しています。
当日はドレスコーディネーター経験者である採用担当が 常駐していますので、仕事内容や選考・面接についてなど、どんなことでもご質問ください!(新卒中途不問です)
26卒向けインターンシップ開催のお知らせ
6~8月の期間、オンラインインターンシップを実施いたします。
ブライダル業界の特徴や営業スタイルについて 知りたい方はまずはこちらにご参加ください。
8月に東京・大阪・福岡で開催する、対面のインターンシップです。
スタイリストの仕事内容をより具体的に体験してみたい方におすすめの内容です。

BACK TO INDEX